とちおロゴ
上杉謙信公旗揚げの地、
    新潟県長岡市

栃尾観光協会タイトル

◆湧き水

 越後を古くは高志と呼ばれました。その頃から高志の名峰と言われた守門岳。その奥深い森から湧き出る源川は、 西谷川、来伝川、塩谷川の支流を集めて刈谷田川本流となり、さらに信濃川に合流していきます。その枝々に名立たる名水が湧水しています。

黒切田鉱泉黒切田鉱泉 長岡市小向
 小向から沢道を約30分程(徒歩)分け入った所にこの鉱泉はあります。
 数百年前から薬湯として用いられ、その効力は高く評価されています。県内はもちろん、遠く福島地方からも夜行数時間をかけて汲みに来ており、広く宣伝されて汲む人の絶え間がありません。
 こんなに苦労してまで来るのかね・・・・・と言われる薬水です。

塩の井塩の井 長岡市
 上塩・大野原に上塩谷村の村社であった巣守神社あり、その境内に塩の宮があります。塩の宮は、弘法大師が塩を求める地域民に授けた塩井という言い伝えがあります。天明・天保の飢饉や終戦直後に、漬物などの料理用の塩として使われました。
 古文書に飢饉時に汲み取る人が余りにも多く枯渇したとあり、伝説通り飢民にお授けの水となりました。また、虚弱児や病人には塩の井の水で粥を炊くと、非常においしく食べられ「お授け粥」と言われていました。

城山金銘水城山金銘水 長岡市表町
 栃尾町部要の地。城山登山道8合目にあります。
 城の水として名将謙信が景虎時代に飲用し、名水百選選考の際も終始、杜々の湧水と共に候補の上位にランクされてきた名泉です。この山の下部から汲まれる水は、銘酒『越の鶴』の蔵水です。

守門名水守門名水 長岡市栃堀
【保久礼(ほっきゅれ)登山コース】
 ・保久礼の清水…5合目
 ・キビタキ清水…7合目
 ・天狗清水………9合目(別名、不動平の水)
【入塩川登山コース】
 ・雨晴清水………7合目
 名峰守門岳の懐からこんこんと湧きだす湧水。山を訪れる人の誰もが口に含み賞味する、守門ならではの良水です。保久礼へは車で行けます。
関連ページ・・・守門岳・守門山開きページ

善昌寺の長命水善昌寺の長命水 長岡市原町
 昭和初期ごろまであった酒蔵「守門正宗」の酒造水に用いられ、蔵まで荷桶で運ばれた水です。
 お寺に参る米寿の石段88段を登り、寺玄関にて飲用できます(車参道あり)。植樹種類の多さと景観の良さに合わせ、百庚申・名園・戊辰戦争仙台藩士の墓など観るものが多く、訪れる人の喉を癒す名水です。
 あなたも飲んで、100歳まで生きませんか!

杜々の森湧水杜々の森 長岡市
 昭和60年に環境庁(現在の環境省)全国名水百選に選ばれた杜々の森湧水は、冷たく澄んだ水質のよさが人気を呼んで、市内だけでなく市外県外からも訪れる人が絶えません。この水は、飲用水や灌漑用水など命の水として、村人の生活を支えてきました。大切な湧水が、子々孫々まで絶えぬようにと祖先たちが念じて創り出した馬頭人身の神の話が山の神信仰と結びついて、この森に独特の重厚さと神々しさを漂わせています。
 周辺は名水会館、遊歩道や公園、キャンプ場、売店などが整備され、観光地としてにぎわっています。
関連ページ・・・杜々の森名水公園LinkIcon

薬師清水薬師清水 長岡市
 森立峠見返り地蔵近くに湧水しており、昔からこの地に薬師像が祀られていたことが名の由来とされています。像は現在、巣守神社に合祀されています。
 別名「殿様清水」とも呼ばれ、長岡藩主が領内巡視の際この峠で休息を取り、必ずこの清水を飲水して領内平野を見下ろしたことからこの名の起因とされました。また、峠を越える庶民が峠の薬師に祈願すると共に、飲用した歴史の水でもあります。


LinkIcon |1|2| 樹木LinkIcon

アコーディオンメニュー:栃尾の観光施設の紹介

観光施設

リンクバナー:栃尾の名所旧跡の紹介

アコーディオンメニュー:栃尾の歴史伝説史跡の紹介

上杉謙信と栃尾

秋葉三尺坊(秋葉神社)

伝説

リンクバナー:栃尾の名所旧跡の紹介

リンクバナー:NHK大河ドラマ天地人特集、栃尾から見たもうひとつの天地人

リンクバナー:雁木と栃尾の町並みの紹介

リンクバナー:栃尾の宿泊交通の紹介

リンクバナー:栃尾観光マップ、ガイドブック

リンクバナー:栃尾観光協会会員紹介

リンクバナー:リンク集