とちおロゴ
上杉謙信公旗揚げの地、
    新潟県長岡市

栃尾観光協会タイトル

■栃尾の名所旧跡をたずねる

①栃尾を代表する名所旧跡LinkIcon~栃尾を訪れたとき、まず第一に訪ねてみたい名所~
雁木通り/秋葉神社(秋葉神社)/常安寺/栃尾城跡(城山)/杜々の森名水公園

②上杉謙信公の旧跡LinkIcon~「謙信の道」・若き謙信(景虎)の歩いた道を辿ってみよう~
秋葉神社(秋葉神社)/岩倉庵/謙信廟・門察和尚の碑/常安寺/瑞麟寺跡/守門神社跡/栃尾城跡(城山)/館跡

③源義経にまつわる伝説行脚LinkIcon~音羽御前・静御前・那須与一の足跡~
羽黒神社/瑞雲寺/静御前の墓/那須与一の館跡

④江戸・宮彫りLinkIcon~小林源太郎と石川雲蝶を中心とした寺社装飾の美~
秋葉大権現三尺坊奥の院(秋葉神社)/貴渡神社(機神様)/曹源寺/羽黒神社/南部神社/吉野神社

その他はこちら

LinkIcon観光コース/栃尾観光ボランティアガイドクラブ

LinkIcon寺院LinkIcon神社LinkIcon湧き水LinkIcon樹木LinkIcon守門岳

①栃尾を代表する名所旧跡 ~栃尾を訪れたとき、まず第一に訪ねてみたい名所~

雁木通り 栃尾表町・栃尾大町・谷内通り商店街など
 雪国の知恵から生まれた雁木通りです。
~詳しくは~
・雁木と栃尾の町並み
・とちお町めぐり雁木あいぼ
雁木通り

常安寺 谷内
 天文16年(1547)に長尾景虎(のちの上杉謙信公)によって創建された。開山は瑞麟寺5世・門察和尚。秋葉神社を謙信公より寄進され管掌する。後奈良天皇より勅額を賜った名刹です。寺宝として謙信公直筆の「五言対句」や謙信公画像、兜の前立て、景虎および景勝の安堵状など、貴重な文化財が伝わる。
~詳しくは~
・常安寺
・「義の心」発祥の地、栃尾
常安寺

秋葉神社(秋葉公園) 谷内
 秋葉公園内にたたずむこの神社は、天文20年(1551)常安寺の守護神として上杉謙信公が楡原の蔵王堂より遷したと伝えられています。火伏の神として名高く「火坊日本総本廟秋葉三尺坊大権現」として多くの崇敬を集めています。石川雲蝶の社殿彫刻、秋葉公園の上杉謙信公の銅像も見逃せません。また毎年7月24日には「秋葉の火祭り」が行われます。
~詳しくは~
・秋葉三尺坊発祥の地、栃尾
・マンガ秋葉三尺坊ものがたり
秋葉神社
秋葉神社 石川雲蝶彫刻
秋葉公園 上杉謙信銅像

栃尾城跡(鶴城山) 
 栃尾市街を見下ろす山城。本丸跡からは霊峰守門岳や市街地が一望できます。空壕、千人溜まり、馬場跡など戦国時代の山城の遺構が良く残っています。
 城山に登るには①岩の鼻口②諏訪神社から本丸まで約30分以上、また、少し登ればすぐ本丸というところまで③自動車で気軽に行くこともできます。いずれの場合も必ず登山に適した服装・靴・水・携帯電話をご準備ください。
~詳しくは~
・「義の心」発祥の地、栃尾
栃尾城跡

杜々の森名水公園
長岡市西中野俣
 全国名水百選に選ばれた杜々の森湧水は、冷たく澄んだ水質の良さが自慢です。持ち帰り用の水タンクを忘れずに‼ 山菜野菜の販売、遊歩道やキャンプ場も整備されています。詳しくは杜々の森名水公園LinkIcon
杜々の森名水公園

②上杉謙信公の旧跡 ~「謙信の道」・若き謙信公(景虎)の歩いた道を辿ってみよう~

秋葉神社(秋葉公園) 谷内
①栃尾を代表する名所旧跡を参照

岩倉庵 菅畑
 上杉謙信(当時は景虎)の師、門察和尚修行の地。座禅を組んだ石が残っています。 

謙信廟 上の原
門察和尚の碑 上の原
 謙信廟は、栃尾美術館の前庭に栃尾城跡を背に建っています。大正4年、米沢の上杉家より分霊して祀った御廟所です。並んで、謙信公が栃尾に在城していた当時の学問の師、門察和尚の碑が建っています。師は比類なき学識をうたわれ、瑞麟寺5世として常安寺を開山しました。
謙信廟・門察和尚の碑

常安寺 谷内
①栃尾を代表する名所旧跡を参照

瑞麟寺跡 栃尾宮沢
 上杉謙信公の「義の心」発祥の寺です。
大河ドラマ「天地人」特集
「義の心」発祥の地、栃尾」パンフ
瑞麟寺跡
瑞麟寺梵鐘
  瑞麟寺梵鐘(常安寺所蔵)

守門神社跡 平
※現在は住宅地です。
 霊峰守門岳をご神体とする山岳信仰。総社(総鎮守)は長岡市平にあったと推定されています。宮司の藤崎氏は栃尾城に使える宮侍で、長尾氏との緊密な関係にあったとみられます。景虎もまた先例にならって社領を安堵したり、社殿の改築をしました。末社は栃尾を周辺に、現在も29社が残っています。江戸時代になるとその多くは巣守神社と呼ぶようになりました。

栃尾城跡(鶴城山)
①栃尾を代表する名所旧跡を参照

館跡 大野
※現在は住宅地です。
 栃尾城の麓大野に存在し、館屋敷を中核に佐々木館などの家臣団の居館が配置されていました。御館の乱の折、敵軍に放火され落城しました。


③源義経にまつわる伝説行脚LinkIcon ~音羽御前・静御前・那須与一の足跡~

④江戸・宮彫り ~小林源太郎と石川雲蝶を中心とした寺社装飾の美~

秋葉大権現三尺坊奥の院
(秋葉神社) 谷内
      小林源太郎・石川雲蝶 作
 蓮型の腰組の奥の院は美しい総欅造りです。見処は全体を隈なく埋め尽す江戸・宮彫りの奥義「木地彫り」。安政年間に二人の彫工の手により、八年を費やし彫られました。大天狗にまつわる逸話でお社を飾り、火防の神・秋葉三尺坊を祀ったものです。 
 東に「烏天狗の酒宴」の図、背面は「大天狗の前で烏天狗と若武者の試合」の図、そして西は「烏天狗の敗北」の図と語り継がれています。
秋葉神社奥の院
秋葉神社奥の院 石川雲蝶彫刻

南部神社 森上
                作不詳
 奇「百八灯」が行われる神社。見処は欅の一枚板に阿吽の唐双獅子と牡丹、波上の白兎、木鼻の麒麟です。
南部神社 彫刻
南部神社 彫刻

貴渡神社(機神様) 栃堀
           石川雲蝶 作
 栃尾地場産業の開発に尽力された植村角左衛門貴渡(たかのり)を始祖として、貴渡神社は嘉永元年(1848)に建立されました。見処は宮彫りには珍しい題材で、織姫に栃尾の縞紬創製者オヨ女を、それを見守る翁に角左衛門を見立てて、養蚕の過程と機織りを絵巻物風に語り継いでいるところです。組物間に飾られた十二支組混ぜの宮彫りも技ありです。
※ 見学には事前にカギ開けの予約が必要です。受付日時:見学日前日以前の平日午前9時~12時 申し込み先:栃堀区事務所℡0258-52-3521
貴渡神社 石川雲蝶彫刻
貴渡神社 石川雲蝶彫刻

吉野神社 西中野俣
             作不詳
 明治五年(1872)建立。見処は江戸・宮彫り技術の透かし彫りの極地「籠彫り」による木鼻の玉獅子です。雲蝶作との噂あり。
吉野神社 彫刻
吉野神社 彫刻

曹源寺 北荷頃
  小林源太郎 作・石川雲蝶 作傳
 本堂の欄間連作八枚は源太郎作で圧巻です。山号額下の彫りの異なる二枚の欄間は雲蝶作と語り継がれています。
藻原寺 小林源太郎・石川雲蝶彫刻
藻原寺 小林源太郎・石川雲蝶彫刻

羽黒神社 小貫
      細貝丈八 作(三仏生)
 最大の見処は、夜な夜な血の池に水を飲みに行くと噂され、五寸釘で足を打ち止められたという海老虹梁に絡みつく巨大双龍。尾垂木に連なる獏と唐獅子です。
羽黒神社
羽黒神社 彫刻
羽黒神社 彫刻

アコーディオンメニュー:栃尾の観光施設の紹介

観光施設

リンクバナー:栃尾の名所旧跡の紹介

アコーディオンメニュー:栃尾の歴史伝説史跡の紹介

上杉謙信と栃尾

秋葉三尺坊(秋葉神社)

伝説

リンクバナー:栃尾の名所旧跡の紹介

リンクバナー:NHK大河ドラマ天地人特集、栃尾から見たもうひとつの天地人

リンクバナー:雁木と栃尾の町並みの紹介

リンクバナー:栃尾の宿泊交通の紹介

リンクバナー:栃尾観光マップ、ガイドブック

リンクバナー:栃尾観光協会会員紹介

リンクバナー:リンク集